注目されるアンドロイド

日本ではiPhoneの普及率が高いですが、世界のシェアを見ると、アンドロイドが71.9%でiPhoneは19.6%です。世界では年々アンドロイドのシェア率が高くなっています。一方、日本国内に限定すると、アンドロイドのシェア率は30%でiPhoneのシェア率は68%です。しかし、アプリダウンロード数で比較すると2017年にはiPhoneが290億に対してアンドロイドが630億となっていて驚異的な伸びを見せています。

アプリ開発を自身で進める場合とプロに依頼する場合を比較

コスト優先であると自分で開発するのが有利

アンドロイドのアプリ開発は、AndroidStudioという開発環境を利用しますが、この開発環境は無料でダウンロードして利用することが可能です。そのため、開発費を全くかけずにアプリを作るのであれば自分で開発するのが得策です。ただし、Javaというプログラミング言語を習得する必要があります。

品質が高いアプリ開発ならプロに委託

アプリ開発のプロであれば豊富な開発実績を持っているので、プログラム資産も豊富に所有しています。そのため、それらの資産を流用することで品質が高いアプリを開発することができます。デバッグ作業も徹底的に行われますので、バグも少ないはずです。

環境を整えてアンドロイド用のアプリ開発を進めよう

システム

アプリ開発は業者の手を借りよう

もし、自分自身にJavaなどのプログラミング能力がないのであれば、アプリ開発は業者の手を借りるのが得策です。業者によっては企画段階から参入してくれるため、ヒットする可能性のあるアプリ開発を行うことが可能です。また、アプリはリリースしてからもバグ対応やオペレーティングシステムのバージョンアップに伴う変更などが必要になりますので、業者の手を借りればアフターサービスも受けることが可能になります。なお、業者によってはリリース後にプロモーションも実施してくれます。

沢山の実績を残している業者なら安心

アンドロイドアプリ開発を委託する時の業者探しの一つの目安としては実績を確認することが挙げられます。特に、アンドロイドのアプリ開発をするのであれば、アンドロイドの開発実績がある業者がオススメです。また、アプリには色々なカテゴリーがありますので、自分の発注したいアプリのカテゴリーについての実績が豊富な業者を選定すると良いでしょう。アンドロイドアプリ開発にはJava言語が使用されますが、Java言語はオブジェクト指向であるのが特徴です。そのため、過去に似たようなコードを開発したことがあれば流用できるため設計品質も上がります。

思いや考えを企画書で伝えよう

アンドロイドアプリ開発を業者に委託する場合には、通常企画書を持ち込みます。その企画書では、どのようなアプリを作り、何歳くらいの人をターゲットとするのかなど、アプリをヒットさせるためのサクセスストーリーを記載する必要があります。自分の中に確実にヒットするという確信があるのであれば、思い切り企画書にて伝えるようにしましょう。また、アプリ開発業者では豊富な開発実績をもとにマーケティング情報も持っているため、その企画に対してアドバイスももらえます。

アンドロイドユーザーを喜ばせるアプリ

アンドロイドユーザーが喜ぶアプリとしては、ダウンロード数を参考に考察すると、最も喜ぶのはゲーム系のアプリになります。ゲーム系アプリは若い年齢層から比較的高い年齢層まで幅広く支持されています。次に人気のあるのが、カメラ系や写真加工系のアプリです。近年のSNSの普及により少しでも見栄えの良い写真を上げるためにこれらのアプリが喜ばれます。最近は写真だけでなく動画加工ができるアプリの人気も高まっています。

アンドロイド用アプリが開発されるまでの流れ

企画および仕様決定

Androidアプリの開発で最も重要となるのが、このファーストステップで行われる企画と仕様の決定です。人気のあるアプリを開発するために、マーケティング作業が必要になることもあります。その手段として、アンケートをとったり、SNSにて情報収拾を行います。

デザインの設計

仕様書が完成すると、その仕様に基づき画面のデザインの設計を行います。この際には、ページめくりなどの簡単な機能を搭載することでアプリ全体の雰囲気がつかめるモックアップというものを作成します。この段階でクライアントの承認を得られればプログラミングへと進みます。

コーディングおよびデバッグ

仕様に基づき、プログラムのコーディング作業を行います。通常は開発環境のパソコンにてスマートフォン画面のエミュレーションができますので、簡易的にデバッグしながらコーディングを進める手法が主流となっています。全体のプログラミングが終了したら、本格的なデバッグ作業を行います。

[PR]
iphoneのアプリ開発はプロに頼もう
対応事例を数多く公開中

広告募集中